ウルソは肝機能の改善やコレステロール胆石の溶解、消化不良改善

ウルソの特徴(ウルソデオキシコール酸)

ウルソは胃腸の不調(消化不良)や肝機能の回復に効果的です。

▼ウルソの効能の特徴としては、

・ウルソは元々は動物性の生薬ですが現在は化学合成される成分
  *動物性生薬「熊胆(ユータン)」

肝臓機能の改善
 ・慢性肝疾患における肝機能を改善
 ・C型慢性肝疾患における肝機能を改善
 ・原発性胆汁性肝硬変(原発性胆汁性肝炎ともいう)における肝臓機能を改善
  ↑肝汁が肝臓にたまり肝臓がダメ(繊維化)になってしまう。

・消化不良を改善

・コレステロール系胆石を融解

こちらから「ウルソ」の価格を確認

ウルソは海外通販で購入できます

ウルソの成分を使った国内市販薬との違い

製品名販売価格成分量単価(50mgあたり)
タナベ胃腸薬ウルソ
1,000円/20錠ウルソデオキシコール酸 50mg/錠50円/回
ウリシーズ5228円/100錠ウルソデオキシコール酸 300mg/錠8.7円/回

「ウリシーズ」で言えば1錠あたりの成分量が300MG/錠となっています。
これは、コレステロール系胆石や重度の肝疾患の場合はでは600MG/錠の服用が必要のために錠剤設計です。
軽度の胃腸や肝臓の不調の場合は1回50mgを1日に3回服用ですのでウリシーズをご利用する方は分割での服用が必要です。

ウリシーズ300

ウリシーズ

海外大手製薬メーカのサンファーマ社製でしかも安価で「タナベ胃腸薬ウルソ」より成分が6倍の300MG。一般的には分割して服用される事になります。
安価ですが海外通販が必要なので到着までお時間が掛かるのが難点です。

タナベ胃腸薬ウルソ

タナベ胃腸薬ウルソ

国内で手軽にご購入できるウルソです。

20錠で1,000円前後のお値段で販売されています。肝臓や消化系の問題が軽度で一時的な方でしたら、こちらの製品で十分かと思います。

長期に治療が必要な場合は「ウリシーズ」の選択か病院で処方箋でお薬を頂いてください。

体内にはウルソのような胆汁酸ががウルソが優れている

体内には幾つかの胆汁酸があります。
胆汁酸は脂質の消化吸収を助ける働きがあります。
*消化不良、胆汁の分泌を改善する働きがあります。
コール酸、ケノデオキシコール酸、デオキシコール酸、リトコール酸、ウルソデオキシコール酸

この人の体内にある胆汁酸の中でも「ウルソデオキシコール酸」は親水性(水に溶けやすい)が高いので循環安くなります。

「胆汁酸の循環の流れ」

①「ウルソ系」の錠剤を服用(十二指腸で消化吸収される)

②門脈(もんみゃく)を通じて肝臓に取り込まれる

③肝臓で取り込まれ、貯まると胆汁酸が分泌される

④循環する(分泌された胆汁酸が十二指腸へ、門脈を通じて肝臓に再度取り込まれる

ウルソは親水性が高く肝臓細胞障害作用を軽減する

胆汁は単に増えれば良い訳ではなく体内で生成される胆汁(コール酸、ケノデオキシコール酸、デオキシコール酸、リトコール酸)の多くは疎水性胆汁酸(水に溶けにくい)ため割合が多くなると肝臓への負担大きくなります。
ウルソ(デオキシコール)酸は水溶性で肝臓に優しい胆汁であるので、意識して摂取する事で疎水性胆汁の割合が低くなり、消化吸収や胆石溶解作用が改善されやすくなります。

肝臓細胞障害作用とは?

肝臓の主な働き(解毒、代謝、免疫、胆汁生成)

肝臓細胞障害作用とは肝臓の細胞自体が障害され代謝・分解能力が下がります。
肝臓は食べ物やお薬など様々な物質の代謝や解毒を行っています。
漢方薬や健康食品、サプリメントまでが対象であり、年齢やストレスなど肝臓機能が低下していと、「倦怠感」、「発熱」、「発疹」、「吐き気・嘔吐」、「かゆみ」等の症状が現れる事があります。

放置しておくと重症化し命に関わる病気(黄疸(おうだん:目や皮膚が黄色くなる)、脳症、肝炎などを引き起こす場合があります。

ウルソを服用する事で、肝臓に優しい胆汁の生成、循環が促されますので肝臓環境の改善に効果的です。

ウリシーズならば同成分、同効果ですが6倍の薬効成分配合で「数百分の1」のお値段です。

ウリシーズで肝臓環境の改善ならばこちら

ムカつく上司の胃痛、吐き気はファモシッド治療をガスターの2倍効果
タイトルとURLをコピーしました